暮らしの中の省エネ対策

我が家は震災をきっかけに電気の省エネに取り組んでいます。

暮らしの中の省エネ対策

我が家は震災をきっかけに電気の省エネに取り組んでいます

●42歳 女性

我が家は震災をきっかけに電気の省エネに取り組んでいます。
1年後、前年の電気使用量と比較したら、毎月20%ほど節電になっていました。
実践している主なことは、3つあります。
1つ目はトイレの暖房便座を使わないことです。
暖房便座は非常にありがたい機能なのですが使用しないトイレを常時暖め続けるのはもったいないので、我が家では今は使用していません。便座に吸着するタイプのシートを貼るだけでも十分暖かいです。

2つ目は、夏場の冷房使用を少しでも減らすべく、掃き出し窓前面に大きなシェードを取り付けたことです。
このシェードによって部屋の温度が1、2度下がったような気がします。取り外し可能なシェードで、毎年夏場の7月〜8月のみ設置しています。
3つ目は、床に全面的にタイルカーペットを敷いたことです。
冬場に床から冷え込むことが激減したと感じています。汚れたら、その部分だけを洗うことができるので、衛生的です。

電気代も節約になるので、このまま今の取り組みを続けたいと思っています。


Copyright(c) 2017 暮らしの中の省エネ対策 All Rights Reserved.