暮らしの中の省エネ対策

光熱費は特に家計には負担となりますので、省エネ対策が必要です。

暮らしの中の省エネ対策

光熱費は特に家計には負担となりますので、省エネ対策が必要です

●47歳 女性

光熱費は特に家計には負担となりますので、省エネ対策が必要です。

我が家の場合、家がそれなりに広いこともあり、冷暖房の季節はどうしても電気代が高くなってしまいます。
かといって、あまりに我慢し過ぎることは体に良くありませんし、年を取った猫がいることもあり、温かい状態を保ってあげなくてはいけません。
我が家では、日頃はできるだけ家族が同じ部屋で過ごすようにし、冷暖房は一ヶ所で済むよう心がけています。
寒い季節は窓を閉めていても冷気が入ってきますので、カーテンをしっかり閉めるようにしています。
夏場は冷房で冷やしすぎず、温度は高めに設定して、扇風機を回すようにしています。これなら、体が冷えすぎることなく電気代も抑えることができます。
それから冬の留守中は猫のことも気になるのですが、光熱費のことはもちろん、コタツやストーブをつけっぱなしということも不安ですので、長時間の外出のときには湯たんぽや毛布を用意していくことにしています。
火や電気を使わなくて良いので安心ですし、半日程度は湯たんぽも温かいので安心です。

関連サイト



Copyright(c) 2017 暮らしの中の省エネ対策 All Rights Reserved.