暮らしの中の省エネ対策

機械にはあまり詳しくないため夫任せになっている部分が多いですが、現在はCMでも流れるようになって知名度があがったLEDとは何?と夫に聞いてみました。

暮らしの中の省エネ対策

機械にはあまり詳しくないため夫任せになっている部分が多いですが

●35歳 女性

機械にはあまり詳しくないため夫任せになっている部分が多いですが、現在はCMでも流れるようになって知名度があがったLEDとは何?と夫に聞いてみました。

難しい部分はよく分かりませんが、簡単に言うとLEDの電球は一般的な電球と比べると、同じくらいの明るさで節電効果が非常に高く、球自体の持ちも良いということでした。
それならうちの電球を全部LEDに替えようと思ったのですが、実は金額が全く違うんですよね。一般的な電球とLEDの電球では何倍も単価が違います。そりゃそうですね、そんなうまい話はないです。

というわけで、ひとつ電球が切れるたびにLEDに替えていく方針に変更しました。
さて、どれくらい節電効果があるのかは測定しているわけではありませんので分かりませんが、LEDを使っているんだという気持ちが自分の節電意識が高まったような気がして少し気分が良いですね。おそらくあと10年くらいのうちには、自宅の電球という電球はほとんどLEDに替わっていることだと思います。
省エネは、日本ではここ近年でようやく注目を浴びてきた分野だと思います。今までの日本は、とにかく家電を作って作って、電気を消費することばかりでした。
今ようやく省エネに着目した家電が増えてきて、同じサイズのよく似た家電でも、電力消費量が半分以下なんてことがザラです。
我が家で一番電気を使うやっかいなものが、50インチのテレビです。
10年程前の型で特別古いわけではありませんが、現在だと1/3程の消費エネルギーのものがあるらしいです。
そう聞くと、早く買い替えたいような気もしてきます。テレビは安い買い物ではないので、出来るだけ寿命が延びて欲しいのですけどね。


Copyright(c) 2017 暮らしの中の省エネ対策 All Rights Reserved.