暮らしの中の省エネ対策

日々の暮らしの中で、省エネ対策を常に考えています。

暮らしの中の省エネ対策

日々の暮らしの中で、省エネ対策を常に考えています

●41歳 女性

日々の暮らしの中で、省エネ対策を常に考えています。というのも、東日本大震災が起こってからエネルギーがいつでも手に入るものではない、と改めて感じたからです。

わたしがしている省エネ対策は、夏エアコンの冷房は午後からつけることです。
東日本大震災が起こる前は朝から冷房をガンガンかけていたのですが、午前中は暑さを少し我慢して午後から使うことに決めました。

冬はできるだけエアコンの暖房をつけず、こたつで暖を取るようにしています。それだけでもだいぶ電気代が違い、省エネになります。そしてできるだけ南側の明るいところで本を読んだり勉強するようにしています。そうすれば電気をつけなくても大丈夫だからです。
それに太陽の光が当たるところにいれば、冬はとても暖かいので一石二鳥です。

とても簡単なことかもしれませんが、簡単なことから大きなことが生まれてくるので、わたしはこの簡単な省エネ対策を日々がんばっています。


Copyright(c) 2017 暮らしの中の省エネ対策 All Rights Reserved.